アパート経営の魅力を知りたい方へ

不動産投資の方法には様々なものがありますが、アパートやマンションを経営することは高額な賃料収入が狙えるものです。駐車場経営と違い、建物に対する初期投資がある程度必要になりますが、それだけリターンも大きくなります。近年、高齢者の割合が増加し続けています。2040年ごろには65歳以上の人の割合が40%ほどになるという推計が発表されています。社会保障についても、現在の年金水準から徐々に引き下げられることは間違いないでしょう。その時に安定した賃料収入を持っておくことで、老後の生活を余裕のあるものにできます。先の見えない将来に対する準備と言っても良いでしょう。需要のリサーチや価格交渉など、事前にできる努力を十分に行うことで投資としての成功率は高まります。

問題がなければ殆どのケースで初期投資は回収できます

新築アパートの利回りは5%ほどと言われており、概ね20年ほどで初期投資を回収できます。固定資産税や管理のコストはかかるものの、そこからは賃料収入だけが手元に残ることになります。アパートの平均的な居住年数は30年から40年と言われており、それまでに賃料の相場は下落するものの、長期間にわたって安定した収入をもたらしてくれます。アパート経営には判断を迫られるタイミングがいくつかあります。それは大規模改修や建て替えの時期の判断です。その時期をもって売却するオーナーも多数いますが、既に利益が出ている状態であることが殆どです。投資できる期間が長くない方は中古アパートを購入しても良いでしょう。建物に対する投資が少なくて済みますので、早い段階から収益が出ます。ただし建物が利用できる年数は短くなります。

アパート経営は次の代に伝えられる財産

アパート経営のために土地を購入すると、その後何十年経過しても、土地は永遠に使い続けることができます。耐用年数が過ぎ、新しくアパートやマンションを作ることになっても、土地代を必要としないことから、ゼロから不動産経営を始めるよりもずっと有利な条件になります。また、駐車場にする場合はほぼノーコストで始めることができます。投資をしている人だけでなく、子孫もその恩恵を受けることになるでしょう。小規模なアパートを建設していた場合、跡地に一戸建てを建てて住むのも有効な利用法です。入居者の募集や管理など、手間がかかることが多いですが、経営をしていること自体がいずれは大きな財産になります。不動産投資を考えている方は、この機会にアパートについても考えてみましょう。